トップ過去問一覧応用情報技術者 平成21年・春 > 問38
問38

SSL によるクライアントと Web サーバ間の通信手順 (1) ~ (5) において、a、bに入る適切な語句の組合せはどれか。
ここで、記述した手順は、一部簡略化している。

(1) クライアントからの SSL による接続要求に対し、Web サーバはサーバ証明を
クライアントに送付する。
(2) クライアントは、保持している[   a   ]によってこのサーバ証明書の正当性を
確認する。
(3) クライアントは、共通鍵生成用のデータを作成し、サーバ証明書に添付された
[   b   ] によってこの共通鍵生成用のデータを暗号化し、Web サーバに送付する。
(4) 受け取った Web サーバは、自らの秘密鍵によって暗号化された共通鍵生成用
データを復号する。
(5) クライアントと Web サーバの両者は、同一の共通鍵生成用データによって共通鍵を
作成し、これ以降の両者間の通信は、この共通鍵による暗号化通信を行う。

 

.                             a                                     b

○正解
×不正解

クライアントの公開鍵

Webサーバの秘密鍵

クライアントの秘密鍵

Webサーバの公開鍵

認証局の公開鍵

Webサーバの公開鍵

認証局の公開鍵

Webサーバの秘密鍵

解説

公開鍵暗号・署名方式は頻出です。SSL通信では公開鍵暗号によって暗号用のキー交換を行いますが公開鍵が正当なものかを判断するのに認証局の秘密鍵で署名された証明書を確認する必要があります。その際に認証局の公開鍵で署名をチェックするという流れを確認しましょう。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。