トップ過去問一覧応用情報技術者 平成21年・春 > 問50
問50

WBS (Work Breakdown Structure) を利用する効果として、適切なものはどれか。

○正解
×不正解

作業の内容や範囲が体系的に整理でき、作業の全体が把握しやすくなる。

ソフトウェア、ハードウェアなど、システムの構成要素を効率よく管理できる。

プロジェクト体制を段階的に表すことで、指揮命令系統が明確になる。

要員ごとに作業が適正に配分されているかどうかが把握できる。

解説

WBS (Work Breakdown Structure)は仕事分割構成という意味で仕事をしやすい量へ分割することを指します。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。