トップ過去問一覧応用情報技術者 平成21年・春 > 問54
問54

教育技法の説明のうち、適切なものはどれか。

○正解
×不正解

インバスケットは、一定期間内に数多くの問題を処理させることによって、問題の関連性、緊急性、重要性などに対する総合的判断力を高める技法である。

ケーススタディは、日常の開発業務の中で、先輩や上司が個別に指導し、実体験から知識を習得させる技法である。

ブレーンストーミングは、参加者に特定の役割を演技させることによって、各立場の理解や問題解決力を高める技法である。

ロールプレイングは、参加者のアイディアを批判することなく、またそのアイデアから新たなアイディアを導き出そうとする創造的問題解決に適した技法である。

解説

ケーススタディは実際の事例などを元にその場での判断を考える技法です

ロールプレイングは役割・立場を演じることで場所・状況に応じた問題解決を考える技法です

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。