トップ過去問一覧応用情報技術者 平成21年・春 > 問56
問56

システムの移行計画に関する記述のうち、適切なものはどれか。

○正解
×不正解

移行計画書には、移行作業で問題が発生した場合に旧システムに戻す際の判断基準が必要である。

移行するデータ量が多いほど、切替え直前に一括してデータの移行作業を実施するべきである。

新旧両システムで環境の一部を共有することによって、移行の確認が容易になる。

新旧両システムを並行運用することによって、移行に必要な費用が提言できる。

解説

システムの移行を一度に行う一斉移行計画ではデータ量が多いと予想外のトラブルが発生する可能性が高くなります。徐々に移行する場合はトラブルの発生などは限定できますがコストが増大するというデメリットもあります。移行の際に問題発生した場合を考え旧システムに戻す基準を定めておく必要があります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。