トップ過去問一覧応用情報技術者 平成21年・春 > 問71
問71

ある期間の生産計画において、図の部品表で表される製品Aの需要量が10個であるとき、部品Dの正味所要量は何個か。ここで、ユニットBの在庫残が5個、部品Dの在庫残が25個あり、ほかの在庫残、仕掛残、注文残、引当残などはないとする。

○正解
×不正解

80

90

95

105

解説

必要とされる順に必要な数を計算していきます。

レベル0 - レベル1 - レベル2

10(1x10) - uB 35(4x10-5) - pD 105(3x35)

                                      pE 35(1x35)

              uC 10(1x10)     - pD 10(1x10)

                                      pF 20(2x10)

またDは25個残っているので 105 + 10 - 25 = 90 となります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。