トップ過去問一覧応用情報技術者 平成21年・春 > 問72
問72

製造業の A 社では、NC 工作機械を用いて、四つの仕事 a~d を行っている。各仕事間の段取り時間は表のとおりである。合計の段取り時間が最小になるように仕事を行った場合の合計段取り時間は何時間か。ここで、仕事はどの順序で行ってもよいものとし、FROM からTO への段取り時間で検討する。

○正解
×不正解

4

5

6

7

解説

全ての通りをやるよりは最小から注目した方がよいでしょう。

3 の場合、仕事 c d からは 2 以上しかないのでできないことがわかります。

4 の場合、仕事 d は前後の段取りが 2 以上なことから最後においた方がよいと考えられます。

すると残り a b c で考えればよくなりますが仕事 b は次への段取りが短く仕事 c は長いことがわかります。

仕事 a は c に対しては短くて済むことから b → a → c → d とすれば 1 1 2 の 4 で行えます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。