トップ過去問一覧応用情報技術者 平成21年・春 > 問78
問78

不正競争防止法において、営業秘密になる要件は、"秘密として管理されていること"、"事業活動に有用な技術上又は営業上の情報であること"ともう一つはどれか。

○正解
×不正解

営業譲渡が可能なこと

期限が10年を超えないこと

公然と知られていないこと

特許出願をしていること

解説

不正競争防止法で保護される営業秘密の保護として営業機密やノウハウの盗用などが禁止されています。要件として秘密情報に有用性があること、秘密管理性を有すること、非公知性を有していることが挙げられます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。