トップ過去問一覧基本情報技術者 平成20年・秋 > 問12
問12

親の節の値が子の節の値より小さいヒープがある。このヒープへの挿入は,要素を最後部に追加し,その要素が親よりも小さい間,親と子を交換することを繰り返せばよい。次のヒープの * の位置に要素7を追加したとき,A の位置に来る要素はどれか。

○正解
×不正解

7

11

24

25

解説

要素を追加する手順は、

・要素を最後部に追加する。

・追加した要素が親よりも小さい場合,交換する。

・親と子の関係が「親>子」でなくなるまで、繰り返す。

です。

 

この条件で、「要素7」を問題に示す箇所に追加すると、下記の様な交換が発生します。

・親が「25」なので交換が発生する。

・親が「11」なので交換が発生する。

・親が「9」なので交換が発生する。

 

これら3つの要素が交換された事により、一段ずつずれます。

・「要素7」を追加したところに「要素25」

・「要素25」のあったところに「要素11」

・「要素11」のあったところに「要素9」

・「要素9」のあったところに「要素7」

 

従って、「A」で示される「要素」に来るのは「要素11」という事が分かります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。