トップ過去問一覧基本情報技術者 平成20年・秋 > 問19
問19

キャッシュメモリのアクセス時間及びヒット率と,主記憶のアクセス時間の組合せのうち,主記憶の実効アクセス時間が最も短くなるものはどれか。

○正解
×不正解

A

B

C

D

解説

キャッシュメモリと主記憶のアクセス時間において、キャッシュメモリのヒット率が「60%」の場合、NFPは「40%」となります。NFPは、1-ヒット率です。

 

「キャッシュメモリのアクセス時間 × ヒット率 + 主記憶のアクセス時間 × NFP」の計算をすれば、主記憶の実効アクセス時間を出す事が出来ます。

A:10 × 0.6 + 70 × 0.4 = 6 + 28 = 34

B:10 × 0.7 + 70 × 0.3 = 7 + 21 = 28

C:20 × 0.7 + 50 × 0.3 = 14 + 15 = 29

D:20 × 0.8 + 50 × 0.2 = 16 + 10 = 26

 

よって答えは「D」となります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。