トップ過去問一覧基本情報技術者 平成20年・秋 > 問20
問20

主記憶装置の高速化の技法として,主記憶を幾つかのアクセス単位に分割し,各アクセス単位をできるだけ並行動作させることによって,実効アクセス時間を短縮する方法を何というか。

○正解
×不正解

仮想記憶

キャッシュメモリ方式

ダイレクトメモリアクセス

メモリインタリーブ

解説

メモリインタリーブ」が正解です。

 

仮想記憶:メモリ管理技法の一種。主記憶装置よりも大きな記憶領域を仮想的に提供する仕組みです。

キャッシュメモリ方式:処理装置と記憶装置の性能差を埋めるために用いる高速小容量メモリのことです。

ダイレクトメモリアクセス:CPUを介さずに、メモリに直接データ転送する方法のことです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。