トップ過去問一覧基本情報技術者 平成20年・秋 > 問36
問36

インターネットにおける電子メールの機密性に関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

電子メールの機密性を確保するためには,S/MIME などを利用して暗号化の対策を講じる必要がある。

電子メールの機密性を確保するためには,送信者が接続するプロバイダに受信者 ID の登録を依頼する必要がある。

電子メールを発信する場合,メーリングリスト内のやり取りに限定すれば,機密性は確保される。

ワープロソフトなどで作成した文書ファイルを添付して送るとき,ユーザ認証用プロトコルである CHAP を利用すれば,通信経路の途中でその内容が読まれるおそれはない。

解説

電子メールの機密性を確保するためには,S/MIME などを利用して暗号化の対策を講じる必要がある。」が

正解です。

 

 

電子メールの機密性を確保するためには,送信者が接続するプロバイダに受信者 ID の登録を依頼する必要がある。

:機密性は確保されません。

 

電子メールを発信する場合,メーリングリスト内のやり取りに限定すれば,機密性は確保される。

:機密性は確保されません。

 

ワープロソフトなどで作成した文書ファイルを添付して送るとき,

ユーザ認証用プロトコルである CHAP を利用すれば,通信経路の途中でその内容が読まれるおそれはない。

:パスワードは暗号化されるが、通信自体は暗号化されません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。