トップ過去問一覧基本情報技術者 平成20年・秋 > 問39
問39

プログラム言語における関数呼出し時の引数の性質のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

値呼出しでは,仮引数の値を変えると実引数の値も変わる。

実引数から仮引数に情報を渡す方法として,値呼出し,参照呼出しなどがある。

実引数は変数だけであるが,仮引数は変数でも定数でもよい。

実引数は呼び出される関数の中だけで有効であるが,仮引数は関数の呼出し側でも有効である。

解説

実引数から仮引数に情報を渡す方法として,値呼出し,参照呼出しなどがある。」が

正解です。

 

 

値呼出しでは,仮引数の値を変えると実引数の値も変わる。

:実引数の値に変化はありません。

 

実引数は変数だけであるが,仮引数は変数でも定数でもよい。

:実引数が変数でも定数でも良く、仮引数が変数だけです。

 

実引数は呼び出される関数の中だけで有効であるが,仮引数は関数の呼出し側でも有効である。

:実引数が関数の呼出し側でも有効で、仮引数が関数の中だけ有効です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。