トップ過去問一覧基本情報技術者 平成20年・秋 > 問43
問43

バグ埋込み法によってソフトウェア内に残存するバグを推定する。テストによって現在までに発見されたバグは 48 個であり,総埋込みバグ 22 個のうち,テストによって発見されたものは 16 個であった。あと幾つのバグが潜在していると推定されるか。

 

ここで、埋込みバグの発見数とソフトウェアのバグの発見数は比例するものとする。

○正解
×不正解

6

10

18

22

解説

18」が正解です。

 

発見されたバグ48個の内、埋め込みバグが16個なので、ソフトウェアのバグが32個となります。

埋め込みバグとソフトウェアのバグは比例するとありますので、次の式が成り立ちます。

・16:32

 

上記の式から、埋め込みバグを「1」とすると、ソフトウェアのバグは「2」になる関係が分かります。

相埋め込みバグが22個に対して16個発見されていますから、「22-16」で残り「6」となります。

埋め込みバグ「6」個に対して、ソフトウェアのバグは「1:2」の関係から「12」個であると考えられます。

これらを足す事で、残りの潜在バグが「18」個になる事が分かります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。