トップ過去問一覧基本情報技術者 平成20年・秋 > 問5
問5

実数 a を引数とする関数 int( a ) は, a を超えない最大の整数値を返す。例えば,

int(8.9)=8

int(-8.5)=-9

である。整数 b と正の小数 c (0< c <1 )に対して,

a =-( b + c )

が成り立つとき,

a -int( a )

を c を使って表した式はどれか。 

○正解
×不正解

c

- c

1 - c

c - 1

解説

整数 b と正の小数 c (0< c <1 )に対して,

a =-( b + c )

が成り立つとき、

a -int( a )

とあります。

適当な数字を入れて考えた場合は下記の様になります。

b = 5

c = 0.2

とした場合、

a = -5.2

となります。

関数に入れると int(-5.2) となり、

int(a)は、「a」を超えない最大の整数を返す関数なので、返ってくる数字は「-6」となります。

 

これらの動きを式にして表すと

int(a)=int(-(b+c))=-(b+1)

という式で表す事が出来ます。

この事から、「a-int(a)」は下記の様にすることが出来ます。

a-int(a)=-(b+c)-(-(b+1))=1-c

となりますので、答えは「1-c」となります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。