トップ過去問一覧基本情報技術者 平成20年・秋 > 問52
問52

パケット交換方式に関する記述として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

情報を幾つかのブロックに分割し,各ブロックに制御情報を付加して送信する方式であり,誤り制御は網で行う。

通信の呼ごとに,発信側と着信側との間に設定される物理回線を占有してデータを送受信する方式である。

転送するデータをセルと呼ばれる単位(固定長)に区切り,それぞれにあて先を付け,高速に交換する方式である。

ネットワーク内の転送処理を簡単にした方式であり,誤り制御は網で行わず端末間で行う。

解説

情報を幾つかのブロックに分割し,各ブロックに制御情報を付加して送信する方式であり,

誤り制御は網で行う。

が正解です。

 

 

通信の呼ごとに,発信側と着信側との間に設定される物理回線を占有してデータを送受信する方式である。

:電話回線(アナログ、ダイヤルアップ)

 

転送するデータをセルと呼ばれる単位(固定長)に区切り,それぞれにあて先を付け,高速に交換する方式である。

:ATM(Asynchronous Transfer Mode)

 

ネットワーク内の転送処理を簡単にした方式であり,誤り制御は網で行わず端末間で行う。

:フレームリレー方式

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。