トップ過去問一覧基本情報技術者 平成20年・秋 > 問54
問54

LAN において,伝送距離を延長するために伝送路の途中でデータの信号波形を増幅・整形して,物理層での中継を行う装置はどれか。

○正解
×不正解

スイッチングハブ(レイヤ2スイッチ)

ブリッジ

リピータ

ルータ

解説

リピータ」が正解です。

 

 

・スイッチングハブ(レイヤ2スイッチ)

イーサネット(レイヤ2)において、ブリッジと同等、あるいはより拡張された機能を持つネットワーク機器です。

ハブがバス型ネットワークの性質である事に対して、

スイッチングハブはスター型ネットワークの中核として用いる事が出来ます。

OSI参照モデル第2層 データリンク層。

 

・ブリッジ

アクセス制御の異なる、イーサネットやFDDIなどの相互接続が可能です。

MACアドレスを管理し、個々の端末を識別してデータ送信が出来ます。

OSI参照モデル第2層 データリンク層。

 

・ルータ

伝送ルートが複数存在するとき、ルーティングアルゴリズム機能を使用して最適なルートを選択して

データ伝送が行えます。

異なるネットワーク同士を接続する時に使用します。

OSI参照モデル第3層 ネットワーク層。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。