トップ過去問一覧基本情報技術者 平成20年・秋 > 問57
問57

次のような繰返し構造をもったデータを,第3正規形に正規化したものはどれか。ここで,下線部分は主キーを表す。また,単位と単価は商品コードごとに決まるものとする。

 

○正解
×不正解

解説

第一正規化

非正規形のデータ群に繰り返し部分がある場合、別表として分離します。また、導出項目がある場合は排除します。導出項目とは、他のデータ項目から、処理や計算により導き出せる項目の事を言います。

 

解答群で言えば、この状態です。

 

第二正規化

第一正規化した表から、部分関数従属を取り除く事で得る事が出来ます。部分関数従属とは、「主キー{伝票番号、商品コード}の一部分(例えば「商品コード」)にだけ関数従属している項目の事を言います。「AにBが関数従属する」という表現は、Aの値を決めるとBの値が決定する関係の事です。

 

解答群で言えば、この状態です。

 

第三正規化

キー項目以外に関数従属している項目群を分離します。上の第二正規形の図で言えば、顧客名は顧客コードに関数従属しているので別表に分離します。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。