トップ過去問一覧基本情報技術者 平成20年・秋 > 問63
問63

通信販売の電子商取引では,受発注における改ざん,なりすまし,否認によって販売業者又は利用者に被害が及ぶ危険性がある。この三つの防止に適用できるセキュリティ技術はどれか。

○正解
×不正解

ウイルスチェック

ジャンクメールフィルタ

ディジタル署名

ファイアウォール

解説

ディジタル署名」が正解です。

 

・ウイルスチェック

コンピュータが不正ソフトウェアやコンピュータウィルスに感染していないか確認する技術です。

 

・ジャンクメールフィルタ

ダイレクトメールを除去する技術です。

 

・ファイアウォール

内部ネットワークへの不正アクセスを遮断するセキュリティ対策機能です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。