トップ過去問一覧基本情報技術者 平成20年・秋 > 問65
問65

利用者認証に用いられる IC カードの適切な運用はどれか。

○正解
×不正解

IC カードによって個々の利用者を識別できるので,管理負荷を軽減するために全利用者に共通な PIN を設定する。

IC カードの表面に刻印してある数字情報を組み合わせて,PIN を設定する。

IC カード紛失時には,新たな IC カードを発行し,PIN を設定した後で,紛失した IC カードの失効処理を行う。

IC カードを配送する場合には,PIN を同封せず,別経路で利用者に知らせる。

解説

IC カードを配送する場合には,PIN を同封せず,別経路で利用者に知らせる。

が正解です。

 

IC カードによって個々の利用者を識別できるので,管理負荷を軽減するために全利用者に共通な PIN を設定する。

:共通なPINを設定してしまうと、不正利用される恐れがあります。

 

IC カードの表面に刻印してある数字情報を組み合わせて,PIN を設定する。

:刻印されている数字情報から求められる方式はセキュリティに問題が出てきます。

 

IC カード紛失時には,新たな IC カードを発行し,PIN を設定した後で,紛失した IC カードの失効処理を行う。

:ICカード紛失時には、まず失効処理を行うべきです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。