トップ過去問一覧基本情報技術者 平成20年・秋 > 問73
問73

不良品の個数を製品別に集計すると表のようになった。ABC 分析に基づいて対策を取るべき A 群の製品は何種類か。ここで,A 群は 70% 以上とする。

○正解
×不正解

3

4

5

6

解説

5」が正解です。

 

製品Pから順に個数を足しながら、「70%」を超えるまで累計数を合計数で除算して行きます。

製品P:182 / 875 = 20.8%

製品Q:(182 + 136) / 875 = 36.3%

製品R:(182 + 136 + 120) / 875 = 50.1%

製品S:(182 + 136 + 120 + 98) / 875 = 61.3%

製品T:(182 + 136 + 120 + 98 + 91) / 875 = 71.7%

 

製品Tの時に70%を超えますので、製品P・Q・R・S・Tの「5つ」がA群であることが分かります。

 

※別解として、合計数の70%を先に出し、製品群を70%を超えるまで順に足して行く方法があります。

:875 x 0.7 = 612.5

:製品P(182) + 製品Q(136) + 製品R(120) + 製品S(98) + 製品T(91) + ・・・・

:   182       328         448       546        637

:製品Tの時点で70%の612.5を超えた為、答えは「5」つと出す事も出来ます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。